アランリックマンと海外ドラマMEMO!

October
30
2015
映画『ヴェルサイユの宮廷庭師』観ました


「ヴェルサイユの宮廷庭師」
製作年:2014年 製作国:イギリス 原題:A Little Chaos

【あらすじ】
1682年、フランス。
フランス国王ルイ14世の命によりヴェルサイユ宮殿の庭園設計を任された造園家アンドレ・ル・ノートル。
広大な庭園を造るためには人手が足らず、やむなく造園家をコンペ形式で募集することになる。
このコンペに女性造園家サビーヌ・ド・バラは参加したのだが・・・。

LC0011.jpg




「おかーはん、みましたえッ、
アランの映画観てきましたえっーー!!!
ミマシタエ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!」





・・・興奮のあまり何かのキャラが降臨してしまってますが(^^;)

やっと映画観てきました!!!

これまでアランのいくつか作品を紹介してきましたが、
こうやって作品になるまでの過程を追って紹介できた唯一の映画ですかね?

■映画『A Little Chaos』撮影中
■イギリス旅行★ロケ地めぐり2日目オックスフォードC

ロケ地も行ったりしてたんで感慨深いです( ;∀;)

映画館は平日の昼間だったこともあって、超余裕でど真ん中で観れました(^^;)
この映画観てる人の中にアランファンの人いるのかな・・・と思いつつ、

トイレよーし!

ドリンクよーし!!

携帯OFFよーし!!!


アランの一言一句、一挙手一投足見逃すまいと万全体制で臨んできましたっっ!!(`д´)ゝ


早速感想を書いてみたいと思いますが、まだ日本で公開中。
ネタバレも含むので内容知りたくない人、感想に引きずられる気がする人は読まないでくださいね(^^;)。











さて、この映画のメインは3人。

主人公は女性造園家サビーヌ。そしてお相手の国王お抱え造園建築家アンドレ・ル・ノートル。
彼は自分にはない彼女の感性に惹かれヴェルサイユ宮殿の造園計画の一員に抜擢します。

ケイト・ウィンスレット演じる女性造園家サビーヌ
alc002.jpg
出典:BBCfilms


で、もう一人は国王ルイ14世ことアラン!!


いつもながらどんなヅラでもお似合いですわ///
alc003.jpg
出典:BBCfilms


むしろ主人公の恋のお相手のアンドレより出番が多い気がするので
(アンドレはとても物静かなのでセリフが少ない(^^;))
セリフもたくさん、出番もそれなりにたくさんあるし、
最初のシーンも最後のシーンもアランに始まりアランに終わるのでアラン三昧できます(笑)

特に最後のシーンのアランが

かーーわーーいいーー!!!(*´д`*)ハァハァ

可愛くて泣けてきます(笑)
ただ黙ってじっとポーズとってるだけなんだけど( *´艸`)

他にも結構有名どころの俳優さんがいっぱいいたけど、
この3人でお話がガッチリ組まれてるんでほとんど出てきません。
ちょっともったいない感じでした。




で、観終わった後、感想の一言は




ケイト・ウィンスレット、むねデカ!!



ああっ違う!!いや、10分に一回はそう思ったけれども!
ではなくて、




フワフワ



・・・うまく言えないんだけど、映像の色彩といい、演出といい、演技といい
ピンクベージュのようなやわらかーい色合いというか、粛々とというか、流れる小川のような・・・
そんな印象の映画でした。

繊細なポエムっぽいんですよね。
アランがすごーく意識的に抑えめにわざと控えめにしているのは十二分に伝わるのですが。
なんともアランらしい映画。

個人的にはところどころにピリッとコショウを足したくなる塩梅でした(^^;)
なんつーか、もうちょっとだけ感情的な部分を捕捉する演出がほしかったかな・・・

ほんの少しだけカメラ寄ってほしいとか、
もう少しだけ尺がほしいとかそんな些細なことなんだけど(@_@)
感情表現というか演技も抑えめなのでせめてそこらへんで捕捉してほしい感じ。

山場もテンポもちゃんと作ってあるんだけど
全体的に抑えているので、そもそもふり幅が狭いんだと思われ。
そんな微妙な繊細さがわからない感性のなさを嘆くべきなのか・・・(´・ω・`)ショボーン

このフワフワした感覚が映画館を出た後もずっと気になってちょっと上の空気味(笑)
なのでいろいろ自分なりにフワフワの理由を分析してみました。



フワフワ理由その1:勉強不足
もちろん私が(◎_◎)
一番大きいのはやっぱり演出のせいだと思うんですが、
このヴェルサイユ宮殿やルイ14世についての基礎知識というか
そーゆーことを知らないとちょっと深読みできない気がしました(-_-;)


これまでこの映画の記事を書く上で
ヴェルサイユ宮殿やルイ14世について少し調べていたのでたまたま知ってたからよかったものの、
知らなかったらこのシーンの意味合いはわかんなかっただろうなーというのが幾つか。
つまりもっと詳しく知ってたらもっと深く理解できただろうに、と(^^;)
ヴェルサイユ宮殿も行ったことないからなー


世界史弱い人はちょっとおさらいしてからの方がいいかも・・・(◎_◎)


フワフワ理由その2:邦題と原題の違い
この映画に限らず、普段から思うことなのですが
原題があってこその内容なので、邦題だけしか知らないと余計ぼやけた印象になる気がします。

『A Little Chaos』=『ほんの少しの無秩序』

コレありき!でした。
特に庭いじりとかしてないとこの感覚わからないような気が。

映画のワンシーンにサビーヌがアンドレの庭園でこっそり配置を一部だけ変えるシーンがあるんですが、
確かに一つ変えるだけでいい感じになってたんですよね。

これは自身の実体験として毎回植え替えするたびにこの配置やバランスがいかに大事か痛感していて
このタイトルの大事さが身に沁みました。
(つまり自分のセンスのなさに苦労している(^^;))

たぶんこのテーマは庭についてだけでなく、
ひいては人生においても〜〜みたいなことだと思うんで、
なおさら頭の片隅において見るとこの映画の深みが違ってくる気がします。

それに夜に庭いじりをするシーンとかあるんですけど、あーやっぱカタツムリ獲りますよね♪みたいな。
(土いじりするようになって知ったんですがカタツムリとかナメクジって
夜いっぱい出てきて植木を食べちゃうんですよね)


フワフワ理由その3:展開スピードと演出
まあ、結局これが自分的に一番の理由ですかね。
主人公サビーヌは未亡人で既婚者アンドレといけないながらも惹かれあっていくんですが、
結構すぐいい感じになっちゃうんですよね(^^;)

あ、もう手とか握っちゃうの?

と、か
まだなんにも二人の間に起こってないのに

「私はあなたのなんなの」発言

とか、
あ、もうそんな関係なの??
みたいなことがいくつか(笑)

時間的にもまだ庭園が完成してないうちからこれなので、
最初から惹かれあってるのは重々承知だけど、ちょっとはやくね?
と思ってしまった。

奥ゆかしい私としては(笑)
惹かれあってるのに表立って表現できない、
が、ゆえに情熱的ってな感じがもう少し欲しかったな〜。



・・・などといろいろ書いてみましたが、なんだかダラダラと文章だけが長くなってしまい
何が言いたいのかよくわからなくなってしまった!

とにかく今は早くDVDがでて再確認したい気分でいっぱいです。
あ、もう一回映画館行けばいいのか!!( ゚д゚)ハッ

また観たら感想改めて書いてみます。

この記事へのコメント
今晩は。初めまして。スネイプ先生が大好きで(アラン・リックマンも大好き・・・❤️)結構前からこちらのサイトにお世話になっており、今回初めてコメントさせて頂きます。ヴェルサイユの宮廷庭師のアランさんは本当にカッコイイですよねー❤️まぁ、どの作品のアランさんも最高なんですがね。
この映画のどのシーンのアランさんも最高に素敵✨なんですが、私的にはズラを外してた時のアランさんに胸キュン❤️しました。それにしても主演の女優さん本当にボインですね。もし私があれだけ綺麗でボインだったら、もしかしたらアランさんを口説いてたわぁ〜と思いながら、主演の女優さんを見ていました。話はかわるのですが、金曜日仕事場でアランさんの事で、凄く悔しくて悲しい思いを、したのでこのサイトの記事を全て読み返したら凄く嬉しくて涙が出ました。出来たら仕事場での悔しくて悲しい思いをきいて欲しいです。この話はアランさんを大好きな人じゃ無いと分からないと思うので・・・。長文失礼しました。
Posted by アラン at 2015年12月06日 01:27

>アラン さん

初めまして&コメントありがとうございます。

もともとこの映画の脚本はアランが恋のお相手役として持ち込まれたものだったそうで、おっぱいレディに口説かれるというのもあながち間違いではないのでは( *´艸`)

しかし悔しい思いとは一体・・・
残念ながら一人でお受けする自信がないのですが(チキンですみません)、ここはアランファンの方が来られることも多いので皆さんわかってくれると思いますよ!
Posted by 管理人 at 2015年12月07日 23:13

>アラン さん

すいません(;д;) 頂いたコメントですが、操作を間違えてしまい、コメントが表示出来なくなってしまいました。ごめんなさい。

>イギリス旅行にかかる費用はいくらぐらいか?

というご質問でしたよね(;д;)

このブログの旅行記はもう二年も前の事なので金額は忘れましたが、7日間として大手の安いツアーだと今だと7万台ぐらいからありましたよ。旅行はシーズンや内容で値段がピンキリだと思うのでご参考までに…。物価は日本より気持ち高めでした!

Posted by 管理人 at 2015年12月09日 00:20

お返事ありがとうございます。結構安く行けるんですね。てっきり私は50〜60万円位無いと行けないと思ってました💦ありがとうございます。参考になりました。もしイギリスに行ったらめっちゃ綺麗✨にして行きます。もしかしたら限りなく低いですが、アランさんに会えるかもですからね。
後、ハリー・ポッターの記事も書かれていますが、アランさんの事で私なりの意見と言うか思った事があるんですが、言っても良いですか?
Posted by アラン at 2015年12月09日 18:52

>アラン さん

コメント内で許可をとらなくても大丈夫ですよ。
何事も十人十色、人それぞれ、いろんな思いがあると思います!議論する気はありません^^
多忙ということもありご返答できない時もあるかもしれませんがご了承ください。
Posted by 管理人 at 2015年12月14日 09:22

お久しぶりです♪
アランの最新映画のトレーラーはもうご視聴されましたか?
久しぶりの現代映画で、めちゃくちゃ格好良かったです(*`・ω・*)ゞ
早く公開されないですかねぇ…。

A little chaosは、流れるような映像でしたね。古典映画は好きでよく見ますけどハラハラドキドキはなく、綺麗に纏まっていたように思います♪
ただ、欲を言えばもう少し感情の部分が見たかったかなと思いました。演技だけでも分かるには分かるのですが、そこに向かうまでのプロセスが少なかったので、え?もう想い合ってるの?と置いていかれました 笑
Posted by まなみ at 2015年12月21日 13:46

>まなみ さん

ご無沙汰してます、ご訪問ありがとうございます。

『Eye in the Sky』のトレーラーでしょうか?観ました!うーん、何を着ても似合いますねえ( *´艸`)
早く観たいですよねえ。。。(記事にできずすいません)


『A little chaos』、確かにそうでしたね(笑)
え、もうそんな焼きもち焼くほど、いい仲だったんですか?!みたいな(^^;)

『A little chaos』からの『Eye in the Sky』、真逆な見た目と設定そうで余計楽しみですね!



Posted by 管理人 at 2015年12月21日 17:32

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック