アランリックマンと海外ドラマMEMO!

February
07
2015
海外ドラマ紹介『ダ・ヴィンチと禁断の謎』

| カテゴリ: 海外ドラマ | Comment(0) | TrackBack(0) |
『ダ・ヴィンチと禁断の謎』(原題:Da Vinci's Demons)

【あらすじ】
15世紀のイタリア・フィレンツェ。レオナルド・ダ・ヴィンチは
若くしてすでに自分の工房を持ち、彼の評判は広まっていたが
自分の発明を売り込もうとフィレンツェの君主メディチ家に近づこうとする。

dv01.jpg


アメリカStarzより2013年4月から放送。日本ではFOXより2013年6月からスタート。http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1682




今回はいつもの刑事ドラマとは違う歴史ファンタジー・ドラマのご紹介。

原題のタイトルと邦題のタイトルの印象がかなり違うので
どんなストーリーになっていくのか有る意味気になるところですが。
そんなドラマを一言で言うと



全裸祭りドラマ(笑)



とにかく全話、全裸シーンてんこ盛り(゜д゜)
男も女も老いも若きも全裸祭り!!
裸じゃなくてもいいシーンまで全裸。

しかもどれも潔いすっぱなんですが、股間にぼかしあるのでご心配なく。
どういうコンセプトなんですかね…ま、いいけど…(-。-)y-゜゜゜

そんなこのドラマの脚本は映画『バットマン・ビギンズ』や『ダークナイト』など
ヒーロー物を得意とする脚本家デヴィッド・S・ゴイヤーが手がけています。彼曰く



「インディー・ジョーンズとシャーロック・ホームズとアイアンマンの
全ての要素を持ったスーパーヒーロー」





って、盛り過ぎだろwww


って感じなのですが
観てみると確かにそんな感じ(笑)
いわゆる破天荒な天才キャラの謎解きドラマです。

しかし実際のレオナルド・ダ・ヴィンチってどんな見た目の人だったかと聞かれると
まず頭に浮かぶのは


仙人のようなおじーさん


という感じではないでしょうか。
スーパーヒーローの破天荒じーさんの活躍するドラマ…(´・_・`)ウーン…モエナイ…


しかし心配無用!!
このドラマでは



設定25歳のイケメン(濃い系)です!!
ldv001.jpg
天才である演出としての二刀流なのに何故かちょっと笑っちゃうのは私がしがない凡人だから




まあ、ドラマだしね、とは思いますが当時の芸術家の評伝には
「ずば抜けた肉体美」とあり、あながち嘘では無いかも??

現在ダ・ヴィンチに関する資料はあまり残されていないようですが、
このドラマの基本設定はある程度資料に基づいています。
例えばダ・ヴィンチがベジタリアンだったとか、男色だったとか、私生児だったとか。

そんなイケメン・ダ・ヴィンチが活躍するのは15世紀のイタリア。
世界史で習った単語がわんさか出てきて、自分の知識を問われる…
確か学生の時の専攻は世界史だったのに…(-_-;)クッ…
ファンタジーだけど歴史のお勉強にもなるドラマ。

なにより大作映画並みに映像もちゃんと中世してて見応えがあります!
ドラマといえどもしっかり作られて当時の世界観がきちんと再現されています。

ダ・ヴィンチの幼馴染のゾロアスター(左)と弟子のニコ(右)
ldv004.jpg


さてまず最初の舞台はフィレンツェ。
大きく分けてフィレンチェ vs ローマ vs オスマン帝国 の3つの勢力の
真ん中にダ・ヴィンチがいて揉みくちゃにされてる感じ。

特にローマ・カトリック教会からの使者、リアリオ卿は執拗にダ・ヴィンチを
追い、宿命のライバル的な存在です。

でですね、このリアリオ卿にハマりました^m^

リアリオ卿演じるのはブレイク・リットソン!
ldv003.jpg


ldv002.jpg



思わず2枚貼っちゃうぐらい好き


いや、見た目だけでなく、キャラクターも複雑な過去、性格をもっているようで
影があるので猪突猛進なダ・ビンチより断然魅力的。

黒髪に黒い瞳、しっかり眉毛にくっきり二重でグリグリした目、
「カッコイイ!これぞイタリア男子って感じ!!」と思ったのに調べたらイギリス人でした(笑)
そうですか…私のイギリス人アンテナはシックスセンスの域だな…( ̄∀ ̄)

そんなわけでリアリオ卿みたさに観ている部分が無きにしも非ずですが
今後の展開がどうなるのか楽しみです!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399085553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック