アランリックマンと海外ドラマMEMO!

April
09
2014
海外ドラマ紹介『クリミナル・マインド FBI行動分析課』

| カテゴリ: 海外ドラマ | Comment(0) | TrackBack(0) |
『クリミナル・マインド FBI行動分析課』(原題:Criminal Minds)

【あらすじ】
犯人のプロファイルを専門とするFBIの行動分析課で取り扱う事件を描く。

cm06.jpg


2005年9月よりCBSで放送。
日本ではWOWOW、Dlife、スーパードラマTV!他各局で放送中。
http://www.wowow.co.jp/drama/criminal/


海外のクライムものが好きなら必ず?知ってるこのドラマ。
「クリミナル・マインド」、略して"クリ・マイ"!
現在日本ではシーズン8まで放送され、アメリカでもシリーズさらに続投決定〜♪
日本でも他チャンネルで放送されているので、
このドラマは好きな人も多いはず。やっとこさのご紹介です。


さて、犯人のプロファイルを専門とするFBIの行動分析課
(Behavioral Analysis Unit)、略してBAUですが
他と一番違うところは毎回、


BAU専用ジェット機でアメリカ全土をまわって捜査すること


というのも、現場では手に負えないような難事件、猟奇殺人、
連続殺人事件、誘拐…要するにシリアルキラーを捕まえるため
地元の捜査機関から依頼されて赴くから。

なので毎回、話しが入り組んだりして面白い分、
プロファイリングが必要なだけあって犯人自体も特殊なことが多く、
サイコパス、二重人格など複雑な人物がたくさん。

そしてもう一つの特徴、それは


事件ストーリーに専念していること


これは何気に嬉しい(笑)
他のドラマは主人公の家族であったり、同僚との恋愛があったりなかったりですが
このドラマは事件一本に集中!
もちろん完全に無いわけはではないですが、決してそれが長期ネタになったりはしない。
余計な伏線が無いのでシーズン毎の浮き沈みが少なくて
ロングシリーズになっても飽きずに観れるのがイイところ。


そもそもプロファイリングって何?という感じですが、
残された手がかりから職業、家族構成、生い立ち、単独犯か否か…
そして次の被害者の予測、犯行現場の場所などまで予知し、
とんでもなく細かなところまで予測してしまうのです!

他の犯罪モノだと検死プロファイリングが主ですが
こちらは地理、心理、行動プロファイリングを行います。
メンバーそれぞれが様々なプロファイリングのプロです。

プロファイリングというと机で分析してるだけでイイ感じですが、
現地の警察と共に普通の捜査官と同じく現場にも出ます。
高圧的なイメージにされがちなFBIですが、
このBAUチームは現場チームにいつも気を使ってなんだか日本人的(笑)

それにメンバー同士もとても気を使ってます。
彼らは黙っていても相手の心理や状況が分かってしまうからこそ
仲間のプライバシーに立ち入ってはいけないという気遣いがあったり。
もちろん、仲はとてもいいんですけどね。

しかし深刻な事件を扱うだけに、チームのみんなもそれぞれ辛かったり…
プロファイルする人間だっていろいろあるんだよね…((+_+))
BAUはFBIの中でも特にエリート、かつ過酷な部署のようです。


そんなBAUのメンバーですが、これだけロングシーズンなので
当初と今ではメンバーもだいぶ変わっています。

シーズン1、初代BAUメンバー
cm03.jpg
中心はギデオン。ギデオン優しくて好きだったな(*^_^*)

↓この間でもさらにメンバーの入れ替わりがあります↑

現BAUメンバー
cm01.jpg

全シーズンレギュラーの左からホッチナー、Dr.スペンサー・リード、デレク
cm09.jpg

ガルシアはいつも別枠なので一緒のいい画像がなかった…彼女も1話からのレギュラー!
cm086.jpg
オフィスの自室もファッションもキャラも個性的。
他のメンバーとは違い彼女だけはプロファイラーではなくテクニカル分析官。



ホッチ、デレク、スペンサー、ガルシアが
全シーズン通してレギュラーですが、特に気になるこの2人をご紹介!

まずはリーダーのホッチナー。
ホッチというかわいい呼び名の響きとは裏腹に、
とにかく冷静沈着、くそ真面目なホッチ。
捜査中はニコリともしない無表情さが印象的ですが
私にとってはとても意外というかなんというか。

というのも、私が彼を最初に観たのは昔日本でも放送されていた
コメディドラマ「ダーマ&グレッグ」のグレッグだから(笑)
あのドタバタ・ハイテンション・コメディのイメージがあったので
ホッチの暗さ?が違和感(^_^;)
(まあグレッグもエリート真面目キャラなんですけど)
いや、勿論もう今はしっくりきてるんですけどネ。

そしてこのドラマ一番人気のDr.スペンサー・リード!

何故か"クリ・マイ"はフルネームで言う方がしっくりくる(笑)
そんな彼はIQ187で22歳にして博士号を3つ持つ驚異的な頭脳を持つ天才。
他のメンバーも勿論敏腕プロファイラーですが
彼自身が事件に巻き込まれたり、彼の分析が決定的な手掛かりを見つける事多数。
いわゆるガリ勉もやしっ子で、BAUの癒しキャラ(*^_^*)


実際の猟奇殺人事件を元にしたストーリーも幾つかあり、
なにより犯人の特異さ、異質さも面白さ?の一つのドラマです。

毎回最初と終わりにストーリーにちなんだ格言のナレーションが入る
一話完結のどっしり重め系です。
純粋に犯罪系が好きな人におすすめ!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388609257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック