アランリックマンと海外ドラマMEMO!

July
01
2014
海外ドラマ紹介『Major Crimes 〜重大犯罪課』

| カテゴリ: 海外ドラマ | Comment(0) | TrackBack(0) |
『Major Crimes 〜重大犯罪課』(原題:Major Crimes)

【あらすじ】
ロス市警の重大犯罪課に新しい上司が配属される。彼女はそれまで重大犯罪課を
内部調査していたレイダー警部だった。彼女のルール重視の捜査にチームは反発する。

mc001.jpg




全米ではCATV・TNTより2012年8月より放送をスタート。
日本では2013年8月よりFOXチャンネルで放送開始!
http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1719




ドラマ『クローザー』のスピンオフとして話題のドラマ。
製作陣や主要キャストはそのままに、
『クローザー』の最終話直後の設定から物語がスタート!
※ドラマ紹介『クローザー』の記事はこちら


"スピンオフ"って言葉を"番外編"ってニュアンスだと私は捉えてるんですが
この作品は『クローザー』の完全なる続き。
なので是非、先に観ておくことをお勧めします!
(観てないからといって話が分からないわけではありませんが)

主人公以外の登場人物や設定についてもほぼ同じなので本紹介記事では割愛します。



さて、その前作『クローザー』、


実は苦手でした…


相当挫折期間が長かったんですが
なんと、私はこの『Major Crimes』を観て、
おかげで投げ出していた『クローザー』を観れるようになりました(笑)
つまり見る順番は逆走していたわけで(^_^;)


『Major Crimes』は、前作のキャストや設定はそのままに、
まさに私が苦手だった部分だけを
ぜーんぶそっくり入れ替えて完全に私好みに!

あまりにもキレーーーに入れ替えられているので



私と同じ思いだった人が大勢いたに違いない



と思うほど。

で、一体どういうところかといいますと…

前作の主人公ブレンダはかなりヒステリックといいますか、
興奮しやすく猪突猛進な性格。
単に私がリアルにこーゆー人が苦手だったわけでして(´・_・`)


そう、つまり言いかえると、新主人公のレーダー警部は
冷静ですごく穏やかで落ち着いた話し方と物腰でマ逆のキャラクターなんです!


知的でやさしいレーダー警部
mc007.jpg




ありがとう、このおばちゃんスキだ(*´д`*)



ある意味優等生すぎるといいますか、いつも正論で常識人で癖が無いんですが、
その淡々とした感じが逆にすごい存在感を出してます。
さすがメアリー・マクドネル、アカデミーノミネート経験が2度もある女優さんです。
思えば意外にこういうキャラっていないもんだな、と新鮮。


ちなみにこのレーダー警部、『クローザー』でもシーズン5からずっと出ているので
立場が変わっただけで新キャラではありません。

重大犯罪課のメンバーも基本はそのまま。(約1名だけ違いますが)
じゃあ違いはないのか…?
そんなことはありません!!



このドラマの一番の特徴は
証人保護プログラムの対象となっている少年の存在。




ある殺人事件の犯人を目撃してしまったラスティ
mc003.jpg
個人的にはこの坊ちゃんヘアが好きではないんですが(-_-;)


ドラマの中で証人(事件の目撃者などが裁判で証言する)が
出てくることは良くあることですがストーリーを通して、
しかも少年がずっと関わる犯罪ドラマって
なかなか珍しいと思います。

一話完結のストーリーに+ラスティにまつわる連続ストーリーがあって、
いわゆる海外犯罪モノシリーズのセオリーで言うのところの恋愛、宿敵ストーリーに当たるのですが
たまにポッと出てくるレベルでは無く、基本毎回絡んできます。
なので1粒で2度おいしいと言いますか、毎回飽きずに見れる。
正直なのところ殺人課に常駐してる少年ってちょっとありえないのでは…とも思いますが(^_^;)


まあ、こんな感じで『クローザー』の良いところはそのままに
いろいろ珍しい要素が追加されたドラマ。

現在日本ではシーズン2が最新放送ですが、これは続きが楽しみ!!
いまでは『クローザー』と共にお気に入りの一つです♪


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック