アランリックマンと海外ドラマMEMO!

September
15
2013
海外ドラマ紹介『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』

| カテゴリ: 海外ドラマ | Comment(0) | TrackBack(0) |
『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』(原題:Burn Notice)

【あらすじ】
CIAのスパイ、マイケル・ウェスティンは任務中に突然解雇通知を受ける。
危機一髪をなんとか回避したものの、気付けば故郷マイアミに送り返され、
経歴も口座も抹消されたが全く身に覚えがない。
スパイに復帰するため、まずは解雇の理由を探ることになったのだが…。

b6.jpg
USAネットワークで放送され、2013年現在、最終シーズンとなるシーズン7が放送中。
日本ではFOXCRIMEやDlifeで放送中!
http://video.foxjapan.com/tv/burnnotice/




疲れた時にはこのドラマ!

ヤシの木!ビーチ!青い空!ビキニのねーちゃん!そして!

モヒートォォ!!
b8.jpg
ドラマ公式の酒(笑)


マイアミ全開のこのドラマ、数少ないCIAスパイ・アクションものです。
吹き替えは少々強烈で好みが分かれますが、よりこの雰囲気を味わいたら有り^^

仕事の話だってマイアミならこんな感じ
b01.jpg
左からフィオナ、サム、マイケル



ノリだけのドラマに見えますが、実はこう見えてしっかりした内容です。
最初はなんだか雰囲気の違いに敬遠してたけど、観たら全然良かった^^;
(なんか日本版のタイトル絵のデザインが悪くてピンとこなかったんですよね…GTAっぽいやつ。
というわけでこのブログのタイトル画像は海外版)


まずは独特の演出。

マイケルの解説入り"スパイのノウハウ"付き(笑)

解雇されて無職のスパイは全て手作り!(笑)
盗聴器の作り方や爆弾の作り方までマイケル御本人の解説ナレーションが入ります。

そして新しい登場人物には必ず主人公マイケルとの関係をテロップでご紹介。

敵を倒すコツやピンチを切り抜ける方法を丁寧にアドバイス。
なんだかスパイの授業のようなうんちくが面白い。
この独特の演出がコミックの割りのようなリズムで
テンポの良さを作り出しています。



そしてどのキャラクターもイキイキしていてウィット!

主人公はマイケルですが、脇を固めるこの3人がナイス!
むしろちょっと喰い気味(;´Д`A

みんなセリフがいいです、小気味良くてリアル。
この良さをあまり字幕版は拾えていないので
普段は断然字幕派の私もついつい吹き替えで2回見たり(笑)

ただ吹き替えの声優陣自体は癖があるので賛否両論かと。
個人的にはサムとママさんの吹き替えはすごくいいけど、
フィーとマイケルはがっかりなので吹き替えと字幕、両方見てます(^_^;)

b07.jpg
良く見たらママさんはここでもタバコを(笑)


元カノのフィオナ(ガブリエル・アンウォー)は昔からとっても大好きな女優さん!!
ほんとにキレイな女優さんです!
彼女のおしゃれなマイアミ・ファッションにライフルの組み合わせがたまりません。
爆弾&銃マニアの危ない美女!
※彼女の紹介記事はこちら…『お気に入り3大俳優★女性編』


サム(ブルース・キャンベル)はアロハに短パンの出で立ちで
セレブの御婦人のヒモで暮らしている元軍人&元スパイ。
見た目はひげ面のしまらないおっさんだけど、なぜかモテるサム(笑)
お酒と女性が大好きで、ダメ親父設定なんですが
なかなかどうして実は一番の常識人。ノリは軽いけど、気も効くし友達想い。
特に彼の吹き替えはキャラがつかみやすくて好き。


そして、なんとママさん(シャロン・グレス)も重要なキャラクター。
ヘビースモーカーの粋なお母ちゃん!
もちろんマイケルのママですが、スパイドラマにママがでてくるなんて
面白いですよね(しかも結構でてきます)決してマザコンではありません(多分)
(吹き替えではママさんと呼ばれてますw)


こんなこってりキャラに囲まれて、
爽やかで優しい雰囲気の主人公マイケル(ジェフリー・ドノヴァン)がかすんでしまいそうですが
一見淡々としているようで飄々としたコミカルさがあったり、
時には真剣な眼差しで演技が光ります。
最初はなんだか冴えない印象もあるマイケルだけど、
観るうちにそのキャラクターに引き込まれてしまいます。


そして爆発や銃撃など派手なアクションも必見!
なぜか爆破もマイアミが背景だと痛快さ倍増?
銃撃戦だってマイケルの解説付きなら問題なし(笑)


ほんと、シーズン終了なんて残念(TωT)
なんで終わっちゃうのかな〜
愛すべき彼らがもう見れないなんて。

このドラマを一言で言うと「アニメのルパン3世マイアミ実写版」
冗談ばかりで三枚目キャラなのにほんとは凄腕の主人公。
気の合う相棒、そして銃が似合う美女。爆破はしても人を殺さず、
酒とタバコと銃とヨーグルト(笑)をこよなく愛するやさしいスパイたち。

楽しみながら観たいなら是非お勧めのドラマ。
モヒートを片手にお気楽にどうぞ!(笑)

【関連記事】
※海外ドラマ追記『バーン・ノーティス』"サム"ズアップ!
※映画『バーン・ノーティス: サム・アックス最後のミッション』観ました


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373386531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック