アランリックマンと海外ドラマMEMO!

June
28
2013
映画『とび★うおーず』観ました

『とび★うおーず』
製作年:2000年 製作国:デンマーク/ドイツ/アイルランド 原題:HELP!I'M A FISH

【あらすじ】
海辺に暮らすトビー少年。ある日、両親の留守中に幼い妹ステラと、
いとこのジェリーを連れて近くの岩場へ釣りに行ったのだが、満ち潮に帰れなくなり…

TB01.jpg




「ギャラクシー★クエスト」に続きタイトル★繋がりで連投(笑)





さて、この映画を観ている間





終始満面の笑み(笑)




大変御満悦でした(^_^)
たかがアニメと侮るなかれ。




これはかなりアラン満喫できますぜ(笑)




そして作品としてもとっても面白い。
いくらアランが好きでも作品が良くないと楽しめません!


同じお魚ストーリーでも「ニモ」や「崖の上のポニョ」より
イイ線いってると思えるのはアラン贔屓目だけではないはず。


絵柄がちょっと懐かしいレトロな感じで、
音楽はとってもムーディーで大人っぽい。
可愛らしいのを想像してたら冒頭から裏切られました(笑)

レトロっぽいのに何気に3DCGなど使っているし、
演出がリアル映画的?コミック的な?部分があり、かなり意表をつく。
この組み合わせは日本やディズニーではできないですね。

そしてビックリしたのがどこかの海外のお話と思いきや、
原作はなんと



司馬遼太郎????



ウソでしょ???
でもツタヤのサイトにそう書いてるんです!
でもでもそれは無いと思う…誤植だと思うんですが(-_-;)
IMDbで見ても原作違う人でしたよ??shibaとか書いてなかったよ??
ツタヤさん、よりによって司馬遼太郎とかでっかい嘘止めてください(汗






で、アランの役はというと、



鱈(タラ)のジョー

TB01a.jpg
なんつー悪い顔





しかし




タラってwwwwww




なんと地味でリアルな食卓魚(笑)
あー明日からスーパーの魚コーナー行ったら
ついニヤニヤしてタラ買っちゃうよ〜
(まあ今は鱈の季節ではないが(汗))

でもタラって別にサメと共生関係ではないんだが…??




この鱈アラン、もちろん見ての通り悪者なんですが
キャラクターはアラン得意中の得意、



その1:インテリ紳士
その2:自信家
その3:ワル




はい、見事に三種の神器揃ってますね。


けど絶妙なコミカルさでなんだか憎めない鱈。
(珍しく?吹き替えの方がコミカルさが少なかった)



しかし鱈の役なんて言うと、子供時代のお遊戯でもなかなか出来ない役?ですが(笑)、
これが不思議なもので、ほーら、だんだん



鱈がアランに見えてくる



いやホントにマジで。



ホラ、見えません?





この口と言い、アイシャドウと言い…
T02.jpg

T02a.jpg





いやハンスか??
T01a.jpg

T01.jpg
完全一致






顔の骨格が似ていると声も似てくるため
特にディズニーなどは声優さんもキャラクターに
似ている人を選ぶ事が多いですよね。
なのであながち思い込みでもない?




でも、いくらアランでも鱈じゃ萌えないよ!というアナタ。




普段は脇役が多く、キャラクター的にもあまり長々としたセリフが無いアラン。
これはたくさんセリフが聞けてアランの美声に集中できます!
なにより!




アランのベルベットヴォイス・ソング




これは他の映画には代えがたい特典ですよ??
私は観終わった後にソッコーでサントラ購入(笑)


なので、吹き替えだとアランソングは聴けないのでご注意を(;'A`)
(まあ、声優アラン聞きたさに観てる人にそんな人はいないと思うけど(;'A`)
でも吹き替えも結構良かったです。マイナーなアニメなのに大御所が。
ステラは断然英語版がいいけど)


あ、そうステラ!忘れてました(;'A`)


めちゃかわいい♡


声もかわいいが、見た目www
最初、想像よりあまりにもチープだったのでウケタ(笑)
でもそれが合ってる♪


他のキャラクター(特に敵)がみんな憎めなくて楽しめました^^

以下ちょっとネタばれ。

…と、割と絶賛ですが一つだけ最後引っかかるオチが。
タツノオトシゴのサーシャ、なんで変身後は馬?
なんで人間にしなかったの??
傲慢さを考慮したのだとしてもだからって馬だったらいいってことでもないし…
まあ変身前から馬ぽかったけど。


…ま、いっか >゜))))彡

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック