アランリックマンと海外ドラマMEMO!

April
30
2013
映画『乙女座殺人事件』観ました

『乙女座殺人事件』
製作年:1989年 製作国:アメリカ 原題:JANUARY MAN/THE JANUARY MAN

【あらすじ】
大晦日のNY、女性ばかりを狙う連続絞殺事件の11人目の被害者がでてしまう。
彼女は市長の娘ベルナデットの友人だった。
市長は事件解決のため市警本部長の弟ニックの復職を命じるのだが…

r087106475MX.jpg





感想は





え、何これ…





です。



何だこれは?
全ての設定が断片的で、必要性、関連性がありません。
しかも全て回収する気ゼロです。

あんまり酷かったので、感想は以上。言葉もありません。
(アランが出て無かったら即終了でした…すごい疲れたorz)

一応アランの役どころですが
『主人公ニックの友人の画家エド』です。

〜感想がないのでアラン画像3連発でお楽しみください〜





この無造作クシャクシャ髪が個人的にたまらんのです
otome05.jpg


首に巻物はプライベートアランの得意技
otome02.jpg


これがホントの"乙女座殺人"スマイル
otome07.jpg
…と、特に鍛えて無い(笑)なだらかな胸元セクシー解放




あーやっぱりかっこいい…


(それだけがこの映画の救いだった…涙)
映画『ダイ・ハード』の時のような風貌でありながら今回はとっても穏やかな雰囲気。
今の好々爺のアランも大好きですが、この頃の見た目もかなり好き。

さすが元グラフィックデザイナー、画家役は板についている?(笑)
けど全体的にキャラクターも露出もとても控えめです。

名優がいっぱい出てくる映画ですが全員パッとしなくて
俳優の仕事はシナリオを生かす事だけど、俳優を殺すのはシナリオだ…と思いました。
トホホ…orz


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック