アランリックマンと海外ドラマMEMO!

April
17
2013
海外ドラマ紹介『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』

| カテゴリ: 海外ドラマ | Comment(0) | TrackBack(0) |
『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』(原題:Medium)

【あらすじ】
地方で暮らす極平凡な5人家族の良き妻、母親であるアリソンだったが、
彼女は特殊な能力を持っており霊が見えたり話したりできるのだった。
アリソンからその力を犯罪捜査に役立てていくことになり…

medium.jpg


全7シーズン130話、2005年〜2011年にアメリカ放送。
http://dvd.paramount.jp/medium/



実在した霊能者アリソン・デュボアをもとにした霊能捜査モノ。
ジョー(アリソンの夫)以外、全員霊能者の家族です。
アリソンの娘3人、弟や祖母も霊能者です。





あの、全然平凡な家族じゃないんですが(汗)



平凡を装う非凡な家族(コラ)
Medium2.jpg


こう書くとアホっぽいですが、完全なシリアス路線です。
霊能モノ、というと好き嫌いが別れると思いますが、
その辺の下手なサスペンスよりちゃんとしています。

制作陣もしっかりしたメンバーで、アリソン役ののパトリシア・アークエットは
このドラマでエミー賞主演女優賞を受賞しています。

さて内容ですが、
アリソンは主に夢を見ることで霊的なビジョンが見えるのですが、
なにせ断片的なので謎解きはいつもミステリーになっていきます。
毎回事件解決のために何度も寝る何度も夢を見るアリソン(笑)
結果的に



アメリカで一番ベットシーンが多いドラマ




ベットシーンの意味違いますけど…(-_-;)
なので、アリソンとジョーのヨレヨレのパジャマがかなり定番です。
(アリソンはともかくジョーはいつもヨレヨレTシャツとトランクス一丁で寝る)

リアルな庶民です。衣装とは思えません(笑)
ついでに言うと食事シーンもかなりリアルアメリカ庶民です。


朝:シリアルのみ
昼:ぶった切ったパン(子供の学校のお弁当)
夜:デリバリーピザのみ


ちょっと変わっている?のは警察ではなくて検事局で働いているということ。
内緒でデヴァロス地方検事を手伝っている感じです。

余談ですがデヴァロス地方検事役のミゲル・サンドヴァルは
アランの映画「ボトル・ドリーム」にちょっとだけでてましたね。

01devalos150x200.jpg


霊モノの謎解きドラマって異色な感じですが、
海外では(特にアメリカ)意外と多い定番ネタです。

今放送中だと
「ゴースト-天国からのささやき」
「リスナー-心を読む青い瞳」←霊というよりスピリチュアルものというか
などがあります。

「ミディアム」はこの2作よりかなり本格ミステリーです。
しかし、シリアス路線なのはいいのですが最終シリーズになってくると


アリソンが必死すぎて違う意味で怖くなってきます


ちょ、ちょっと落ち着きなよ、アリソン…(汗)
うーん、確かに近所にこんなオバサンいたら引くな…と後半ビビり気味で観てました(笑)

基本は一話完結で既にシリーズ終了しているのでパッ観・イッキ観両方におススメです☆
ゲスト主演が多く、他のドラマで観たキャストがちょいちょい出てくるのもお楽しみ!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355038020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック